我慢しないでバルトレックスを使う!

ヘルペスウイルスの退治にはバルトレックスが定番です!ヘルペスに対して有効ですが、帯状疱疹にも効果を発揮する治療薬です。早いうちから治療をして、ヘルペスの再発を防止しましょう!

においがきついなら匿名検査とバルトレックス

女性が感染するとおりもののにおいがきつくなってしまう病気に性感染症があり、膣トリコモナス症や性器カンジダ症、性器クラミジア感染症などがあります。性行為で感染することがほとんどですが、トリコモナスは菌ではなく原虫がうつるもので、水のあるところで生き延びる性質があるため、感染者が利用したお風呂の浴槽やトイレの便器から感染してしまう可能性があります。

性病に感染した疑いがあってもクリニックに行きにくい、完全に感染していることが分かってからクリニックに行きたいという場合、匿名で受けることができる検査があります。性感染症は、感染した疑いがある日からある程度期間が経過していないと結果が出ないものがあります。

匿名で実施しているのは保健所と、自宅で採取して検査機関に郵送するタイプがあります。いずれも限られた性感染症についてのみの検査であるため、確実に判断してほしいときにはクリニックでの検査が優れています。尿検査が主で保健所では採血により調べることも可能ですが、咽頭クラミジア検査は行っていません。郵送の場合一部で取り扱っていることがあります。

膣トリコモナス症の治療に、バルトレックスが用いられることがあります。単純ヘルペスウイルスや水痘、帯状疱疹に対して処方されることもある薬です。治療に際して医師から指示された日数と薬の量を守って服用し、再度検査を受けて効果が出ているか確かめることが不可欠です。おりもののにおいが普通になったからと勝手に辞めてしまったり、薬を飲んだらそれで終わりにしてしまうと、完全に菌や原虫を死滅させておらず再発の可能性が考えられます。何度か検査を受けることで、はっきりとした体の状態を知ることができます。