我慢しないでバルトレックスを使う!

ヘルペスウイルスの退治にはバルトレックスが定番です!ヘルペスに対して有効ですが、帯状疱疹にも効果を発揮する治療薬です。早いうちから治療をして、ヘルペスの再発を防止しましょう!

銭湯での感染も不安なSTDとバルトレックス

STDというのは、性行為によって感染するおそれのある病気、すなわち性病や性感染症とよばれるもののことを指しており、近年日本人の間でも蔓延しているために注意が必要となっています。
STDのなかでも、単純ヘルペスウイルスⅡ型とよばれる種類のウイルスが感染することによってひきおこされる性器ヘルペス感染症というのは、感染力が強いため、大人をはじめとして、10代の男女などでも、特に警戒しなければならないものといえるでしょう。
この性器ヘルペス感染症にかかった場合には、性器やその周囲に、白い水ぶくれのようなものがあらわれますが、実はこのなかにウイルスがたまって、増殖をしている状態であると考えられるのです。この水ぶくれはやがてつぶれますが、そうするとひりひりとした痛みがあって、耐え難い状態となってきますので、はやめに病院に行って治療をすることがたいせつとなってきます。
この単純ヘルペスウイルスというのは、きわめてありふれたウイルスですので、銭湯であるとか、公衆便所の便座といったところからも感染する可能性があるといわれています。もっとも、やはりいちばんに感染がうたがわれるのは、すでにこのウイルスに感染してしまっている人との性行為ということになりますので、男女の一方が性器ヘルペス感染症にかかったとすれば、他方のパートナーについても、やはりウイルスをもっていると考えるのが妥当といえるため、同時に治療をしたほうがよいといえます。
性器ヘルペス感染症の治療には、バルトレックスのような専用の治療薬が用いられます。バルトレックスは、副作用なども少ないとされる医薬品であり、ヘルペスウイルスが増殖するのを抑制するはたらきをもっています。